京都「洋食の店 みしな」は舞妓さんも通う大人の洋食屋さん。





京都人は意外にも洋食が好き。もともと流行りすたりの激しい都で生活していただけに、

ずっと和食が好きなわけではなく、案外、ミーハーなのかもしれません。

日本に洋食が入ってきたときも、おそらくいち早く口にしてみたのではないでしょうか。

みしな

そんな京都人ですら憧れの洋食屋さんが「洋食の店 みしな」。

観光客でごった返す二寧坂の路地を一本入ったところに、ひっそりと、それでいて気品たっぷりの店を構えております。

みしな1

実は自分も京都人の友人のおすすめで来ました笑。

でないと、なかなか入りづらい構え。

お昼時を過ぎて、電話してみると空いているとのことでいざ。

みしな2

店内はなんだかアットホーム。

それもそのはず、親子二代、お父さん、お母さん、息子さんがデフォルトでやってます。

「小さなお子様連れの方は、入店をお断りする場合もあります」とのことで、

小学生の子供連れの当方、ちょっとビビりましたが、案外大丈夫。

一番、怖そうなお母さんが、お客さんに対して、と言うよりは、まるで親戚のように子供に接してきます。

「もっと食べる?」みたいな、フランクさ笑。

お客である前に、私は年上です、みたいないかにも京都人らしい年配の方の接し方です笑。

みしな4

さて、おすすめはやっぱり「フライ定食」3700円也。

アスパラのポタージュ(写真撮り忘れました。。)からの、こちらです。

メインはカニクリームコロッケ、エビフライ。

コロモがカリカリ、キメの細かいコロモでいかにも上品な食感です。

カニクリームコロッケもトロリとしたクリームが気品漂います。

なるほど絶品。

みしな5

洋食屋さんでも、最後はお茶漬けでサッパリと。さすがは京都。

これが確かに合う。

油っぽかった口の中があっという間にスッキリします。

ちりめん山椒、漬物とたくさん種類があって目にもあざやか。

みしな3

漬物だけじゃなく、お茶自体もいいもの使ってるなー。

味わいが深く、さわやかな風味。

洋食屋さんなのに、和食屋さんの店を出たような胃の軽さ。

年配の方を連れてくると喜ばれそうだな。

2週間煮込むという自慢のビーフシチューも気になる。

今度は父親、母親を連れてきたい、そう思わせてくれるお店でしたー。

 

洋食の店 みしな
京都市東山区桝屋町357
075-551-5561

 

京都市東山区桝屋町357


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です