【桂離宮】京都が誇る日本建築の美を感じるテーマパーク。【中編】





桂離宮案内、中編です。今回は桂離宮を代表するモダンな茶屋「松琴亭」、

小ワザが光る「笑意軒」などを紹介していきます。

桂離宮はさながら、日本家屋のテーマパークのようです。

回遊式庭園らしい池。手前にあるのは洲浜と呼ばれ、海岸を表現しています。

真ん中の大きな石橋は日本三景の一つ、天橋立を表現。

スコーンと抜けた空が気持ちいい。

桂離宮は創建以来、一度も火災に遭ったことがない。

作られた当時の建築、庭園を今に残すという点でも非常に貴重です。

池の向こうには茶屋の「松琴亭」。

田舎風の茅葺き屋根。いろいろな日本建築を見ることができます。

外観は田舎風ですが、中はさすがの洗練さ。

漆喰壁、畳、襖、障子、縁側、などなど、シンプルに見えてたくさんの要素、

それぞれの素材で作られているのが日本建築の美。

まさにそれをこの茶屋だけで感じられます。

落ち着いた藍色と汚しのかかった壁。

ダメージ加工のジーンズがかっこいい、日本ではその価値観、ずっと昔からあったようです。

曲線がない空間。

白と藍色の市松模様は桂離宮のモダンさを代表しています。

夏は涼しくていいだろうなー。

京都の建物はとにかく夏暑いので、涼しさに重点を置いてます。

冬は火鉢や着込んでなんとかなるけど、暑さはどうにもならん、ということだそうです。

ちなみに、手前の穴は囲炉裏。

囲炉裏の上に棚があるのは相当珍しいそうです。確かに。

手前の縁側にある穴は台所。

茶屋にここまで本格的な台所があるのは珍しい。

茶屋だけどもうちょっとで住めそうです。あとはお風呂があれば住みたい!

松琴亭から古書院を臨む。

貴族たちがこの池で優雅に舟遊びをしたんでしょうなー。

松琴亭の隣りの丘の上にある「賞花亭」。

このフォント、ものすごい好き。

こちらは「園林堂」。仏持堂で桂離宮では異質なお寺建築。

いまは中に何も置いてないそうです。

お堂の前の橋もそうですが、桂離宮の橋はだいたいアーチ状。

その理由は舟遊びをして、橋の下を舟が通るため。

貴族って意外と子供?笑

あまり外に出られない、がお金はある、そして童心ってなんだかマイケル・ジャクソンみたい。

灯籠もたくさんあります。

これは小さくてかわいい。

なんとなく「トランスフォーマー」とかに出てきそうな笑。

こちらは「笑意軒」。

建物名は李白の句から。

「笑意軒」の字体もおもしろい。

こんなに昔の日本にフォントがあったんだな笑。

「笑意軒」というだけあって「軒」が印象的。

これだけ軒が広かったら、雨の日も居心地いいだろうな。

石庭を作るわけでもなく、なんだか斬新な軒下。

このあたりが雨に濡れた風情もよさげ。

室内の奥は林と水田。当時からこの景色は変わってないそうです。

ぬあー寝そべりたい!

 

桂離宮
京都府京都市西京区桂御園

 

 


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です