【微風台南】京都の台湾、京都っ子が集う観光客がいない店。





京都で本場の台湾料理が楽しめるとあって、京都人から人気のお店「微風台南」。

まー確かに観光客からしてみれば、なんでわざわざ京都まで来て台湾料理?ってなっちゃいますが、

京都に住んでる身としては、これだけ本場の味を再現してくれるとありがたいものです。

微風台南

休日の夜の18時。開店前からちょっと並ぶ。

さすがに人気店。観光客も人もいるのかな。

日本風の町屋が台湾風に飾られて、なんともノスタルジック。

微風台南2

店内も昭和レトロ? 大正ノスタルジー? いや台湾?

という絶妙なセンを突いた世界観が京都っ子たちを魅了します。

微風台南1

台湾な小物が店内にディスプレイされています。

うーん言うの微妙だけど、日本統治下の台湾ってこんな感じだったのかなー。

微風台南12

本もたくさんあって一人でも飽きない。

といっても、日曜の夜はだいぶにぎやかだけど。

微風台南13

蔵書はと言うと。。。けっこうバラバラです笑。

詩集、京都本、小説、怪奇ミステリーなどなど。昔の移動図書館みたいだな。

微風台南15

さて、夕飯のほうを。

メニューが手描きイラストでほんわか。

どれも美味しそうに見えますが、台湾料理をあまり知らない人のはイマイチわかりづらい笑。

まーある程度の知識で、出てきてからのお楽しみ、的な。

微風台南14

まずは台湾ビールで乾杯!

アジアのちょっと泡少なめなビール、好きです!

微風台南5

小松菜の炒めもの。野菜をオイリーに炒めたのって、これまたビールに合う。

スターターとしてこれ以上ない一品。

けっこう小皿なのでガンガン頼めます。

微風台南11

台湾の家庭料理っぽいのが出てきました。

中華圏はけっこうトマトあっためますからね。

微風台南0

茹でた豚肉にこれまたオイリーな醤油ダレが合う。

そしてパクチーーー!!!

これはちょっと中華圏を越えて、東南アジアに向かう途中って感じでしょうか。

これまた当然ビールと合うので2本目に突入。

微風台南8

と、東南アジアに向かうかと思いきや、ここに来て日本のもつ煮込みみたいな一品も。

幅広いなー台湾料理。

微風台南6

からの、今度は韓国のチヂミに似た台湾チヂミ?

これもペロリと。

微風台南4

これなんだっけ?笑

冷奴的なやつだったかも。

微風台南9

台湾に行ったら絶対食べるべき一品、魯肉飯(ルーローファン)。

なんでしょう、日本人における牛丼みたいな。

お昼ごはん、飲みのあとのシメ、などなど。いろいろな場面で登場する国民食です。

微風台南7

だけでは足りず、さらにご飯ものをもう一品。

正直もうアジア飯ってことで一括りにしたい。

食は国境を超える。

微風台南3

最後は餡子の汁にタピオカが入ったような、まさに和台折衷的なスイーツで。

まー世界は繋がってるんですね。

夕飯に、ランチに、飲みに、使い勝手のいいお店ですね。

 

微風台南
京都府京都市上京区桝屋町359
075-211-9817

 

 


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。