【ふじ亭】京都の老舗仕出し屋さんでおトクに穴場ランチ。





京都は仕出し屋さんがいまなお多く営業しているエリア。

仕出し屋さんとは、宴会やお茶遊びなどで、食べ物を作って持ってきてくれる営業形態のこと。

今でいうデリバリーお弁当屋さんです。

当然、お茶屋さんが多く残っている京都だからこそ、ニーズがあるってわけです。

なかなか日常生活で、宴会をして、仕出し屋さんに頼むっていう豪勢な宴会ないですからね。

お弁当屋さんと違うのは、やっぱり、そのクオリティ。

「お弁当だからこんなもんだよね」では、旦那衆は納得できません笑。

ちゃんと一品一品、料理人が腕を奮って作ったものを詰め合わせないとぶーぶー言われちゃう世界です。

ふじ亭22

そんな仕出し屋の一つが「ふじ亭」。

場所は丸太町駅から徒歩7分くらい。

このあたりは静かな住宅街ながらあちこちに名店があるエリア。

品のあるエリアです。

ふじ亭

もうひっそりと。

鄙びた雰囲気ぷんぷんで、実はずっと気になってました。

老舗オーラもすごく、めっちゃ高いのかなーと思って店先に掲げられたメニューを見ると、

「京風弁当」1210円

「天ぷら定食」1320円

「うな重」1540円

うん、イケる!笑

ふじ亭1

店内。奥の方の調理場からは声が聞こえますが、お客さんスペースは静か。

そう、誰もいませんでした笑。

やっぱり仕出がメインで、来客は少ないみたい。

これって穴場?

ふじ亭9

二階もある模様。

宴会をこちらでやることもできるのかな。

ふじ亭2

さて、京風弁当。

実は頼んだのは息子。

子供的にはもちろんハンバーグやチキンライスなんてのが大好物で、和食を見ても全く心が動くタイプじゃないですが、

パクパク流れるように、お刺身、ごはん、玉子焼き、ごはん、煮物、ごはんと食べていくのを見ると、

美味しいんでしょう笑。

ふじ亭23

自分はと言うと、うな重。

ま、いわゆるうな重とは量が違いますが笑。

お弁当ですからね。

ふじ亭4

焼き、より蒸しが強い、感じのうなぎ。

とてもやわらか。これはお年を召した方にも重宝されるんじゃないでしょうか。

ふじ亭5

と、東京では見かけない小鉢が。

え、実山椒がこんなに。

これってかけろ、ってこと?

ふじ亭6

山椒LOVEな京都らしく、山椒の粉がたっぷりかかってましたが、

そこへさらに実山椒をこれでもか!とかけてやりました。

うん、美味い。こんな食べ方、東京ではないなー。

うーん和食って気持ちいい。さっぱり。そして満足。

町家をリノベーションしたおしゃれな創作和食のランチ、って言うのも京都にありがちなランチですが、

京都観光上級者ならば、あえて地元の人が食べてるランチ、いや、京都人でも知る人ぞ知る的な、

仕出料理をお店で食べる、と言う技ありなランチ、ってのもいいんじゃないでしょうか。

 

ふじ亭
京都府京都市中京区竹屋町通富小路東入魚屋町439
075-231-2229

 

京都府京都市中京区竹屋町通富小路東入魚屋町439


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。