京都観光のシメは京都ラーメンの老舗「本家 第一旭 たかばし本店」がおすすめです。





京都観光のラスト、祇園や四条でいかにも京都らしい和食を堪能したあと、

新幹線の時間までまだちょっとある、なんて時にラスト京都グルメとして京都ラーメン、はどうでしょうか。

京都駅から徒歩5分、という好立地にして、京都ラーメン発祥の地でフィナーレ、というのもオツです。

第一旭

京都では知らぬものはいないと思われる「本家 第一旭 たかばし本店」。

創業は昭和22年。京都ラーメンの中でもダントツの老舗です。

隣もラーメンの老舗「新福菜館」。店舗形態では1945年創業。

どちらのお店も常に行列を成していて、ここはまさに京都ラーメンの聖地です。

店名に「本家」と入っているように、親族が出した「第一旭」やチェーン店の「第一旭」など、

かなり系統があり、9系統くらいあるそうです。

第一旭4

平日の夜、並んだのは15分くらい。

ラーメン屋さんなので回転率が高い。

それにしてもこちらのラーメン屋さん、「朝ラー」なる言葉を生み出したように、

開店が朝5時というとんでもないラーメン屋さん。

しかも閉店が午前2時。3時間しか店を閉めない。もうなんか笑っちゃう。

第一旭2

こちらが「特製ラーメン」900円也。

ごちゃごちゃトッピングせず、シンプルな男ラーメンです。

特製チャーシューたくさん、九条ネギわんさか、潔くていい!

一応、とんこつ醤油ラーメンです。家系と違って澄んだスープですね。

背脂もちょっと浮かせてあります。

味はこれぞ、京都ラーメン! と言った非常に素直な京都ラーメン。

ま、老舗中の老舗ですから。自分から京都ラーメン、と名乗ったわけではなく、

むしろ京都ラーメンのイメージのラーメンに長年かけて思われる対象になったラーメンですから。

醤油ラーメンがもうちょっとコクがあったらなーから考え出されたんじゃないでしょうか。

チャーシューも素直に、でもしっかりコクがあるし、九条ネギのシャキシャキ感が全体をサッパリしてる?

と錯覚させるのに一役買っている。

京都でチェーン展開しているラーメン屋「魁力屋」や「珍遊」の原型な気がしますね。

どれも大好きなラーメンです。

第一旭1

餃子もまた、ちょっと小ぶりのいい感じの餃子で好き。

ラーメンの邪魔をしないと言うか。

ラーメンの箸休め的に食べられる、控えめな感じがいい。

醤油とお酢、ラー油じゃなくて胡椒で食べたい。

書いてるとまた食べたくなる味だなー。

そう言う意味ではマクドナルドに似てる。

あのしばらく食べてないと無性に食べたくなる感じ。

なんか中毒性を引き起こすヤバイ成分入ってないですよね?笑

 

本家 第一旭 たかばし本店
京都府京都市下京区東塩小路向畑町845
050-5570-0973

 

 

京都市下京区東塩小路向畑町845


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA