京都の伝説の和菓子職人の流れを汲む「おやつaoi」のセンスがすばらしい。【後編】





京都は洛北、紫竹エリアに構えるおしゃれ和菓子店「おやつaoi」レポートその2です。

京都の伝説的和菓子ユニット「御菓子丸」でアシスタントをしていた和菓子職人さんのお店。

もう二品ご紹介させていただきます。

aoii

水無月のようなお菓子。

こうやってみると和菓子のような洋菓子のような、意外にも洋の東西を問わず、共通点があるものですね。

aoi12

羊羹生地がしっとりこっくり。

あんこは自家栽培した小豆を使って、自家製あんこで提供することもあるそう。

こだわり抜いています。

aoi9

「8」が三つで「はちみつどら焼き」。

もう絶対おいしいじゃないですか!

あんこ自体は完全自家製あんこというこだわりよう。

aoi13

しっとりふんわり。このどら焼き上等過ぎる!

店主、土田葵さんのインタビュー記事を読むと、「おばあちゃんのお菓子が忘れられず、日常的なお菓子を提供したい」

的なことをおっしゃってますが、やっぱり、もう非日常のおいしさ。

昔のお菓子はこんなに日常的に美味しかったんでしょうか。

試行錯誤のあとが見て取れるんですが。

 

それにしても考えさせられたのは「なるほど、京都がずっと人を魅了している理由はこれか」と言うこと。

ルイ・ヴィトン然り、老舗ブランドが生き残る道は「伝統と革新」。

伝統を大事にしつつ、実はいろいろな実験、トライを繰り返さないと維持できない。

京都をブランドと考えると、もちろんパブリックイメージの歴史ある都市、と言うのもありますが、

和菓子一つとっても、「御菓子丸」のように歴史ある食べ物の中でも新陳代謝が行われているんだなー、

と納得させられたのでした。

 

おやつaoi
京都市北区紫竹下園生町38-10

11:00〜
営業日 金曜日、土曜日
詳しくは公式インスタへ
https://www.instagram.com/oyatsu.aoi/?hl=ja

 

京都市北区紫竹下園生町38-10


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA