”京都の代官山”エリアに佇む一軒家でゆるいランチ「サラサ麩屋町pausa」





京都でおしゃれな店が立ち並ぶ烏丸御池、四条烏丸、京都市役所前駅、四条河原町に囲まれたエリア、

いわゆる田んぼの「田」エリア。

特に、三条通りと交わる、御幸町通り、麩屋町通り、富小路通りあたりは東京の代官山のような、

こじゃれたお店が点在し、歩き回るのが楽しいエリア。

そんな好立地にあるのが麩屋町三条上ルにある「サラサ麩屋町pausa」。

最寄駅は京都市役所前駅で徒歩3分ぐらい。

サラサ麩屋町pausa4

当然ながらこの店もおしゃれ。外観はヨーロッパの一軒家風、中に入ると山小屋風、

とおしゃれながらもどこかのんびりできる雰囲気がいい。

「pausa」はイタリア語で「休憩」という意味だそうで、確かに休憩にぴったり。

サラサ麩屋町pausa3

一階はコーヒーショップ、雑貨屋さんなんかが入っていて、ランチとなると二階へ。

こっちは一気に雰囲気が変わって山小屋風。

サラサ麩屋町pausa1

気取らない雰囲気がいいっすね。

サラサ麩屋町pausa6

お座敷があったり、子供用スペースがあったりで使い勝手よさげ。

さらに、コジャレた雑誌も置いてあって、好きなだけいていいっすよーな雰囲気がありがたい。

サラサ麩屋町pausa5

ランチも少なすぎることもなくギリギリ及第点。女性だったらちょうどいいかも。

味はまずまず。どれも手が込んでて、とにかく失敗感がない。

サラサ麩屋町pausa

いろいろなものをちょっとずつ出すやり方がニクい。

しかもなんとなくヘルシーな感じなので特に女性受けがよさそう。

 

どういうわけか、ランチタイムでもそれほど人がいっぱい、ってこともなく、

買い物で疲れた時にダラダラしたい、お気に入りの本を一人で読みたい、なんて時にいいかも。

 

それにしても京都はこういう昔っぽい建物をリノベーションするのが本当にうまいなー。

和風の町家ならまだしも、こういう洋風の建物、もっと言えば、洋風の世界観自体もうまく作り込む。

洋風と言っても京都人はアメリカは好きじゃないみたい笑。

そっち系はほとんど京都で見かけない。だいたいヨーロッパ系。

やっぱり伝統あるヨーロッパにシンパシーを感じているんだろうか。

 

こういう店があちこちにあるのも京都をおもしろくさせてる要因なのは間違いないです。

 

 

「サラサ麩屋町pausa」

〒604-8082 京都市中京区麩屋町通り三条上ル弁慶石町38-1

075-212-2341

昼ごはん|12:00-15:00
お茶の時間|12:00-24:00
夜ごはん|18:00-24:00

京都市中京区麩屋町通り三条上ル弁慶石町38-1


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です