ステーキ肉と酒! 豪快な居酒屋「百錬」

河原町駅から徒歩4、5分ぐらい、裏寺町通りの「百錬」にてランチ。

居酒屋や飲み屋、飲食がゴチョゴチョっと集まった「OPA」の裏通りの2階にあります。

食べログだと3.51となかなかの高評価。さて、ランチはどうでしょう。

こちらのお店、なかなかの雰囲気。きれいめのお店をお探しの方は、ここより下、

読まない方が無難でしょう。

百錬外観

雑居ビルの2階に上がる階段、一歩ずつ踏みしめる度に軋む、というかフカフカします。

木がもろくなってる感じというか。

百錬店内

店内、完全に居酒屋です。夜はすごいことになってそうだなー。

ちなみにお店のHPの店内はとても小綺麗ですが、実際は同じ店?と思うぐらい違います。

百錬厨房

まさにオープンキッチンのカウンター。店主は朝の連ドラを見ながらランチのオーダーを

片付けていき、カウンターの一番端では、接客係りの女性が、割り箸一膳、一膳に、

「百錬」と焼印をジュッと入れていきます。すごい光景。

百錬ランチ調味料

カウンターに置かれた調味料の数々。塩、ソース、そしてなぜか辛子系が2種類。

一つは「日本一辛い黄金一味」。京都、「祇園味辛」の品で、平賀源内の書物にも書かれている

黄色い唐辛子を使った一味。赤唐辛子の10倍の辛さだそう。食べてみたい気持ちと、

辛いの苦手な自分で、辛い苦手、が結局勝つ。

もう一つは、「百一味 賀花」。? 聞いたことない。ネットで調べても出てこないってどういうこと?

百錬ランチ

さて、ランチは肉から魚まで5品ぐらいありましたが、「ステーキ定食」を注文。

熱い鉄板に盛られてジューー!!と勢いよく湯気が立ち上り、豪快な登場。いいねー。

百錬ステーキ

ボリュームもなかなかで良さげ。そして、ガブリッと喰らいつく!

が、グニューン。か、噛み切れない。。なんともゴムのような歯ごたえ。

箸で肉片をはさみ、ちょっと汚いけど箸の先を手でつかみ、歯で引き千切る。

お祭りの露店にある「牛串し焼き」に使いそうな肉質。マジか。

 

み、味噌汁は合わせ味噌な感じで美味しかったです。

なかなかいい店に出会わないなー。

ランチよりは夜グダグダ飲むたいときに行く感じでしょう。

 

百錬
075-213-2723
京都市中京区裏寺町通四条上ル中之町572 しのぶ会館2階

京都市中京区裏寺町通四条上ル中之町572


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です