京都祇園でうなぎ、思いのほかコスパがいい【祇をん う桶や う】





京都、祇園でうなぎ、なんだか高そうだなーと思われがちですが、

ここ「祇をん う桶や う」は思いのほかコスパがいい。

京都の祇園のど真ん中、石畳みの小路を歩いて京町家のお店までの道のりもいい。

う桶やう

祇園四条駅から徒歩7分くらい。

花見小路を歩いて、一本小路を入ると一気に人が少なくなります。

う桶やう4

看板の「う」の文字が目印。

高級料亭が居並ぶ中、ちょっとカジュアルな印象。

それでも置屋風の風情ある外観がいい感じ。

う桶やう5

二階へ通される。

こじんまりとした店内ながら清潔感あり。

まわりはほとんど外国人笑。

観光地感あるなー。なのでちょっと味を心配してましたが。。。

う桶やう14

うなぎ屋さんらしく、うなぎメニューが充実。

うざくやきも焼きなど、うな重以外もたくさん。

う桶やう13

うなぎと言えば、出来上がりの時間がかかるので、ここはビールを注文。

プレミアムモルツの京都ラベルってあるんだ。

う桶やう12

と、ビールのアテにきも焼き。至福の組み合わせ。

へーあんまり苦みがない。そしてふわふわ。ちょっと意外な味わい。

きも焼きのだいぶソフトなバージョン。これはこれで美味しい。

う桶やう6

お新香も付きます。ポリポリ。

お新香ってもともと浅漬けのことだったんですってね。

漬物全般を言うのとかと思った。

今は特に大根の漬物を言う、とかよくわからなくなってきた。

誰か正解教えてください。

う桶やう11

で、あれ? けっこうすぐ来たよ笑?

てことは炭火で焼いてないのかな。でも、HP見ても備長炭で焼き上げる、って書いてあったけど。

お昼は二回転で一気に用意して置くのかな。

実際、15分くらい遅れそうだったので電話すると「15分までは待てます」みたいなこと言ってたし。。

う桶やう10

そしてはい、ジャジャーーン。これは美味そうっ!!!

3人前1万円なり!!

店名が「う桶や」というだけあって、かなり珍しい桶で供される。

しかもこの桶、人間国宝の手によるものだそう。

こういうところへのこだわり、京都っぽいなー。

う桶やう8

3人前で一万円ってうなぎとしてはけっこう安い。

そしてこの立地。味は大丈夫かなーと思ってたところ。。。

あ、ちゃんと美味いっ!!

蒸してから焼く完全な江戸前風ですが、江戸前もびっくりのふわっふわです。

上品。京都らしく仕上げております。

タレも甘辛過ぎず、この点、江戸前より好きかも。

ご飯がキレイに均等にタレで染め抜いております。

色味ほど味は濃くないのがいい。

ちなみに、川魚であるうなぎの店を出すにあたり、手掘りで井戸を掘ったそう。

家々が居並ぶこの祇園で掘るには手掘りしか方法がなかったそうです。

なかなか情熱感じます。

そんな努力も実ってか、祇園のど真ん中でこの値段でこの味、これは完全に当たりです。

う桶やう7

最後は赤出汁の味噌汁か肝吸いが選べます。

ここはもちろん肝吸いで。

全体的にあっさりと上品な味付け。

さすが泥臭い料理も京都だとこんなふうになるのかーと思ってしまった。

接客も外国人が多いためか、まさかの欧米人でしたが、感じいい。

予想以上にいい店です。

 

祇をん う桶や う (ぎおん うおけや う)
京都府京都市東山区祇園西花見小路四条下ル
075-551-9966

 


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です