【八坂庚申堂】インスタ映えする色彩あざやかな願掛け。





八坂の塔付近は京都でも指折りの観光エリア。

八坂の塔、清水寺、安寧坂、二寧坂、産寧坂、高台寺、石塀小路、圓徳院などなど。

観光地がひしめき合ってます。

というのも、このあたりがずーっと石畳。そして建物も町家。

雰囲気がめちゃくちゃいいわけです。そりゃ全国から京都らしさを味わいに来ちゃいます。

八坂庚申堂

迷路のように細い道が四方八方に伸びているエリア。

道に迷うと八坂の塔がどのへんかな?と見上げてしまう。

八坂庚申堂9

石畳に犬矢来。人力車も走ってたりでそりゃ雰囲気がいい。

八坂庚申堂8

そんな町家の奥を覗いてみると、おしゃれにリノベーションされたレストランだったりします。

こんなの見せられたら、人が人を呼んじゃいます。

と、前置き長くなってしまいました。

今回、ご紹介したいのはそんな八坂の塔のすぐ下にある不思議なお寺、「八坂庚申堂」。

最寄駅は「祇園四条」でしょうか。でも徒歩15分はあるなあ。

で、なにが不思議って?

八坂庚申堂2

そりゃ見ての通り、こちらです!!

なんじゃこりゃ? うーんお手玉? 違うんです。

なんとこれ、「くくり猿」という猿を模したアイテム。

手足をくくられた猿を奉納して願い事をするワケです。

なぜ猿を?となっちゃいますよね?

猿は欲望の象徴であり、その欲望を一つ我慢することによって、願いを叶える、という願掛けです。

これは道教からくる考え方なんですね。

八坂庚申堂7

そんなわけで、インスタ映えもよく、穴場の観光スポットとなっています。

八坂の塔から1分くらいという、目と鼻の先にあるので、八坂の塔に来た際は必ず立ち寄りたいスポットです。

八坂庚申堂6

庚申堂は道教の教えなんですね。

道教と言えば、三尸説(さんしせつ)。

道教の考えるところでは、人間の体の中に「三尸」という虫がいて、

夜、人間が寝ている間に、天帝に人間の悪行を告げ口する。

それを聞いた天帝は人間の寿命を縮める。

60日に一度、体の中から三尸が抜け出る夜があるとされ、それならばと、

寝ないようにするのだが、一人だとなかなか起きてられないので、

みんなで起きてようと、「庚申待ち」という行事がある。

うーんなんか、昔の人は、いい大人がこんなことしてたなんて、ほのぼのしてるなー笑。

これってむしろ、夜通し起きてみんなで遊びたい、っていう理由付なんじゃないか笑。

で、三尸を食べてしまう神様が青面金剛。なのでこの神様を庚申さんと呼ぶようになった。

八坂庚申堂4

さらに、その庚申さんの使いが猿とされてることもあり、境内は猿だらけ笑。

これもなんかこのお寺が笑える理由の一つ。

あちこちに見ざる聞かざる言わざるが鎮座してます。

猿ってなんで見てるだけでユーモアを感じさせるんだろうなー。

八坂庚申堂5

はい、こっちにも見ざる聞かざる言わざるが。

なんとなく西洋のゴブリンみたい。

八坂庚申堂3

となるとお守りも猿グッズ半端ない。

干支が申年の方、サル顔の方はぜひとも行ってほしい。

親近感がハンパないと思われます。

八坂庚申堂1

最後に、さっきのくくり猿のお堂の中をご紹介。

こんなかわいらしい猿に囲まれた中には、突如リアルな銅像が。

なんか雰囲気合わない。そしておじいさんなのに赤の前掛けと帽子のギャップがすごい。

っていうか誰なんでしょう。。。

八坂庚申堂
京都府京都市東山区金園町390−1
075-541-2565

京都府京都市東山区金園町390−1


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です