京都人が好きなラーメン1位!【新福菜館】黒いスープの理由とは?





京都のラーメン屋で創業70年の歴史を持ち、一番長く愛され続けてるのが「新福菜館」。

いまでも京都のラーメンランキングでトップに君臨し続けるラーメン屋です。

場所は京都駅から徒歩5分ぐらい。

駅から近いので、「あと一箇所ぐらい京都観光しておきたい!」なんて時にも便利だし、

京都駅に朝早く着き過ぎた! なんて時にも便利。

なぜなら朝9時からやってますから。朝ラーできます。

(ちょっと前までは7:30分からでしたが、9時になりました)

そして夜も22時までやってるので、新幹線の東京行き最終電車でも大丈夫です。

新福菜館本店

京都駅北口を出て、目の前の塩小路通りを右に、高倉通りと交わる交差点「高倉塩小路」を右に曲がって、

30Mぐらい行けば見えてきます。というか行列が。

この行列、実は隣も超有名ラーメン店「第一旭」だったりするので、遠くから見ると不思議な人だかりに見える笑。

一瞬、うわーあんなに人並んでるなら諦めよっかな、と思ってしまうが有名店2軒分ですから。

1軒分の行列はだいたい10名ぐらいの行列なので、ラーメン屋さんですからね、すぐ入れます。

自分の時も10分ぐらいで入れたと思います。

新福菜館本店1

店内はタイルと蛍光灯のリアル中国スタイル。

いかにも香港や台湾にもありそうなタイプの内観です。

メニューも基本的にラーメン一本勝負!という潔さ。

新福菜館本店2

王道の中華そば(並)700円。

これが京都ラーメンの頂点に君臨し続けるラーメンです。しかも戦前からという長い間。

まず目を引くのはこの黒いスープ。

どうやらたまり醤油の黒さらしいです。

基本的にスープは秘伝ですが、いくつかの醤油をブレンド、スパイス、

チャーシューを同時に煮込むとこんな色になるそうです。

赤出汁の味噌汁のように味は見た目ほど濃くなく、むしろあっさりです。

あっさりなので、スープをよく飲んじゃいますね。

味があっさりしてるので、すすった麺と同じぐらいの量のスープをれんげで飲む、を繰り返して食べました。

京都らしく九条ネギがたくさん乗っているのも、観光者にはうれしいですよね。

麺は中太麺でいかにも昭和らしい麺です。

新福菜館本店3

と、もう一つ、必ず食べておきたいのがチャーハン。いや、関西でいうヤキメシです。

ちなみに、チャーハンとヤキメシの違いは、もちろん、炒めると焼くで違うんですが、

一応、卵を焼いてからご飯を入れるのがチャーハン、ご飯の後に卵を入れるのがヤキメシです。

と、話を戻して新福菜館のヤキメシ。香ばしいです。なんだろ、醤油が焦げた感じなのかな。

味は見た目の割にやっぱりあっさりしてます。

これをラーメンのスープと交互に食べるのがいいですねー。

基本的に見た目のワリにあっさりしてるので、おそらく段々と病みつきになる系のラーメンですね。

けっこう、新福菜館のラーメンに期待して行った人が「京都人が言うほどでもなかった」

的なことを言う人がいますが、その理由はこの一度だけじゃなくて、

何度か来てるうちにだんだん好きになる感じ、だからでしょうね。

 

新福菜館 本店
京都府京都市下京区東塩小路町569
075-371-7648
9:00~22:00

京都府京都市下京区東塩小路町569


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です