京都バッグの代名詞、丈夫で長持ち赤いタグがトレードマークの本流の流れを汲む「一澤信三郎帆布」。

大学生のころ、京都の友人がちょくちょく持っていた赤いタグになにやら漢字が書いてある布製のバッグ。 ん?またそのタグのバッグ。なんなのそれ?と聞いたところ、京都の有名なバッグで一澤帆布だと言う。 ふーん。てか帆布? 帆布っ

続きを読む

京都の高級和菓子店「塩芳軒」は生菓子も名物も予約なしでパッと買えるのがいい。

日本に饅頭を伝えた和菓子屋さんの流れを組む京都の老舗和菓子店「塩芳軒」。 京都の食べログランキング、スイーツ部門でも第2位の3.93。 そういえばミシュランはスイーツ部門がないんですね。あっちはレストランのみか。 「塩芳

続きを読む

京都の大人のお土産、おすすめ1位は「長文屋」の山椒香る七味唐辛子は和製スパイス。

京都に来て間もないころ、さっそく「よかったらどうぞ」といただいて、その美味さに衝撃を覚えた一品です。 その名は「長文屋」の七味唐辛子。京都の七味唐辛子と言えば、清水寺の「七味家本舗」ですがまるで別物です。 当然、もらった

続きを読む

【老松】京都の和菓子の中でもけっこうオススメの「橙糖珠」はお土産にもよし!

京都は北野天満宮の近く、明治41年(1908年)創業の和菓子店「老松」。 京都で明治創業だと、そこまで老舗とは言えないまでも、風格、実績は名店の域。 京都の不思議なところで、「え?80年代に創業なの? 最近じゃん!」 み

続きを読む

【麩嘉 府庁前本店】京都で食べたい日本の伝統食材をスイーツで!

京都を代表する食べものに「麩」がある。小麦粉に含まれるグルテンを練って作る。 一般的に「お麩」というと、お味噌汁なんかに浮かんでる、 カスカスのクラッカーみたいな「焼き麩」を想像しますが、 京都となれは、やっぱり生麩を食

続きを読む

【亀屋陸奥】司馬遼太郎の本に何度も出てくるので気になっていた京都スイーツ「松風」!

お気づきのかたもいらっしゃるかと思いますが、当方、司馬遼太郎好きです。 司馬遼太郎の本、つまり歴史小説を読んで京都を歩いていると、 おお、ここを坂本龍馬も歩いたんだろうなーとか、 おーここで幕末の志士たちが宴会してたのか

続きを読む

【とらや京都一条店】の京都本店で和菓子の意外な歴史に戸惑う!

室町時代後期、500年以上の歴史を誇り、日本を代表する和菓子屋「とらや」。 創業は京都です。東京、赤坂の店舗を本店と思う人が多いですが、発祥の地は京都です。 明治維新で天皇の住まいが東京になる、と聞いて「とらや」も天皇と

続きを読む

京都、宇治の観光と「中村藤吉本店」のスムーズな入店方法、教えます!

京都宇治観光、初級編として訪れるべきスポットは「宇治橋通り」です。 JR宇治駅で降りて、ロータリーを渡ってすぐです。 というのもこの通りに「中村藤吉」「辻利」「伊藤久右衛門」「上林」など、 お茶の名店が軒を連ねてるからで

続きを読む

抹茶スイーツから抹茶カレーまで! 京都宇治の抹茶土産なら「伊藤久右衛門」。

前回、抹茶スイーツ界の急先鋒としてあげた「伊藤久右衛門」。 オンラインショップでもわかる通り、そのラインナップは抹茶スイーツだけでも40種類以上! 抹茶大福から抹茶ロール、抹茶せんべい、などなど、そりゃあもう思いつく限り

続きを読む

【澤井醤油本店】京都御所のすぐ近くに構える老舗のお醤油屋さん。

京都に来て間もないころ、友人からプレゼントをもらった。 確か誕生日プレゼントか何かだったと思うが、誕生日プレゼントでお醤油って、 京都ならではだなーと思った経験がある。 で、その醤油はサラッとした、いわゆる薄口醤油。 関

続きを読む