「真如堂」の紅葉、「そうだ 京都、行こう」ポスターに2度選出された実力派。





京都の洛東、ちょっと小高い山?の上に鎮座する「真正極楽寺」。

「極楽寺」という名前のお寺はたくさんあるので、「真正」と付けたそうです。

ものすごいプライド! どの寺が真正かって誰が決めるんだろう、と思ってしまいますが笑。

そのぐらい並々ならぬこだわりを持った名前なのに、本堂の「真如堂」の名前で親しまれているというギャップ。

本人の心他人知らず、です。これに合う「親の心、子知らず」みたいなことわざ、ないですかね?

真如堂3

と、それはさておき、真如堂と言えば紅葉です。

JR東日本のキャンペーン、「そうだ 京都、行こう」ポスターに2度選出された実力派。

真如堂への行き方は、京都駅から市バス5系統で40分、「錦林車庫前」下車でそこから徒歩8分。

近くには金戒光明寺やオススメの穴場紅葉スポット「栄摂院」があります。詳しくコチラ↓↓↓

紅葉が鮮血のように真っ赤!京都の超穴場な紅葉名所「栄摂院」

真如堂2

境内はもう紅葉ありきでお寺建てました?ってくらい紅葉の木がたくさん植えられています。

極楽を表現してるんでしょうか。境内も広く、散策が楽しい。

今回は二度目の来訪。前回は「五重塔と紅葉」のテッパンの撮り方をご紹介しました。

それにしてもなぜもう一回来たい、と思ったかと言うと。。

真如堂5

コチラのお庭の紅葉絨毯がすごいんです。

前回はちょっと季節が早かったの見れず。今回は紅葉ど真ん中をちょっと過ぎた11月28日に行ってみました。が。。

真如堂8

今回もぜんっぜん早かった!

この年(2019年)は例年より紅葉の色づきが遅く、12月上旬くらいに来るべきでした。

というか近年、京都はちょっと紅葉時期が遅くなってるかも。

これも温暖化の影響なんですかねー。

真如堂

2019年の「そうだ 京都、行こう」キャンペーン風に撮ってみました。

こっちはバッチリ。

真如堂1

真如堂の名物、「五重塔と紅葉」。

こっちは2002年の「そうだ 京都、行こう」キャンペーンのポスターで登場してました。

このキャンペーン、ちょっと面白いのは、JR東日本のCMで、東京、関東の人たちに向けたCMなので、

京都にいると当然知らない笑。

かろうじてタクシーの運転手が「今年はどこでしたっけねー?」と聞いてくるくらい笑。

そりゃそうか。

真如堂10

そういえば、関東と関西で違うけど、なんか似てるCMがあります。

「ホテルニュー岡部」と「ホテルニュー淡路」。どちらも懐かしCMなんですが、

関東は「ホテルニュー岡部」、関西は「ホテルニュー淡路」。

関東の人は、「ホテルニュー」と言えば、当然、岡部でしょ!となるんですが、関西はまさに真逆。

CMのメロディーを口ずさむとこれまた微妙に違くて、大論争になった経験があります笑。

うん、紅葉全然関係なくなっちゃった。

 

真如堂(真正極楽寺)

〒606-8414 京都府京都市左京区浄土寺真如町82

 


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です