京都の民芸品とカフェとタイ料理のお店「コイコイ商店」が摩訶不思議のオーラを出している。

京都の西陣エリアはディープな京都の魅力にあふれていて、観光におすすめのエリア。 土地柄からかどうも職人気質な店が多い。 今回ご紹介する「コイコイ商店」もそんな店主のこだわりが詰まった摩訶不思議なお店。 まず不思議なのがこ

続きを読む

「孤独のグルメ 京都編」にも登場したおしゃれな和の食器、家具の店「銀意匠」

銀閣寺から永観堂まで南北に走る気持ちいい小道「哲学の道」。 春は桜、秋は紅葉が楽しめる京都のはずれの、それでいていかにも京都らしい道。 その哲学の道のちょうど中間あたりにあるのが木を使った食器や家具の店「銀意匠」。 こち

続きを読む

京都名物は本店で食べるべし! 祇園の一等地の老舗「総本家にしんそば・松葉」

京都発祥のものはとにかくたくさんありますが、にしんそばもその一つ。 創業1861年(文久二年)の「松葉」の二代目が明治15年に発案しました。 実はこの「松葉」、新幹線の改札内にもお店があるのですが、ここはせっかくなので、

続きを読む

和スイーツ充実の京都のお持たせ専門店「祗園 白」は高級料亭がプロデュース。

京都のミシュラン二ツ星料亭「高台寺和久傳」がプロデュースするお持たせ専門店が「祗園 白」。 「しろ」ではなく「はく」と読みます。 祇園四条駅から徒歩4、5分くらい。喧騒を離れた小路にあります。 一見すると落ち着いた佇まい

続きを読む

【養老軒】おすすめ京都土産シリーズその3、白あんが京都風味のフルーツ大福。

フルーツサンドが美味しい京都。当然フルーツ大福だって美味しい。 フルーツ大福の一番手は、なんといっても昭和の後半に誕生したいちご大福。 どうやら東京の新宿の和菓子屋さんが考案したようですが、諸説ありとなっています。 いち

続きを読む

【亀末廣】京都のオススメのお土産、京の美が詰まった和菓子「京のよすが」は見惚れます。

京都は烏丸御池、姉小路通りに構える和菓子の老舗「亀末廣」。 創業は1804年、茶釜などを作る釜師だった亀屋源助さんが和菓子のお店をはじめました。 和菓子屋さんて「亀」の字がつくことが多く、暖簾分けが多いのですが、まさかの

続きを読む

一休さんから店名をもらった「大徳寺一久」の名物、大徳寺納豆は美味しいのか?

京都は洛北の名刹、大徳寺。千利休が切腹を命ぜられた事件の場所になったり、 歴史ファンなら見どころたくさんのお寺ですが、さて、お土産はどうしようか、となれば、 それはもう迷うことなく「大徳寺納豆」でしょう。 大徳寺納豆を所

続きを読む

【うつわと古物 幹】京都で若手陶芸作家の作品、古物雑貨がそろう。

京都という土地柄、陶器、古物、のお店はとても多い。 東京の感覚で言うと古着屋と同じくらいの頻度で街中にお店が点在しています。 思わぬ名品に出会えることもしばしば。器好きにはたまらない町と言えるでしょう。 「うつわと古物

続きを読む

「Master Recipe 京都祇園」京都祇園で職人とコラボの生活雑貨の逸品がそろう!

京都祇園で、職人の技術が結集した歴史ある逸品に出会う。 インテリア雑貨の「フランフラン」がプロデュースするインテリアショップです。 京都の工芸品のみならず、世界中の工芸品、職人とのコラボ雑貨がそろいます。 「マスターレシ

続きを読む

京都でちょっといい感じの食器、日用品をそろえる。「ギャラリー直向(ひたむき)」

京都はさすがに街中に器や工芸品のお店が多いです。 職人さんも多いですし、和食店も多いので器やお皿も需要があるわけで、 必然的に街中にもあふれてくるんでしょう。 特に最近多いのが、現代作家の工芸品を扱うお店。 「古い器って

続きを読む