いかにも京都らしい桜、お花見なら【平安神宮】その①




京都のお花見、桜は八重しだれ桜が多い。

その中でも、いかにも京都らしいのが平安神宮。

八重しだれ桜の本数が多く、楼閣や殿など京都らしい建物が並び、

かつ、回遊式庭園の中に桜が組み込まれているので、

「京都に桜を見に来たなー」という感慨がわかりやすく生まれる。

地方のお花見なら、川沿いの堤防、土手、公園といったところだが、

ここは、いかにも造園した庭園の中のお花見。

京都の桜お花見の醍醐味でしょう。

平安神宮桜お花見1

ででん!!とした門構えが立派。そして異常に発色がいい。それもそのはず、平安神宮は意外に新しく、

明治になってから。天皇陛下が東京に行ってしまわれたので、京都の人ちょっと気落ちしたらしく、

このままじゃダメだ、的な気持ちで平安神宮を作ったりしたそうです。

平安神宮桜お花見2

こうやって見ると、なんだか平安時代にタイムスリップしたような気分に。

最初は作り物感があったけど、一周してなんか好きになりました。

平安神宮桜お花見3

朱塗りの柱と緑色の瓦があざやか。考えてみると平安時代っぽい建物って意外と京都って少ないしね。

平安神宮桜お花見4

本殿も立派。手前に「右近の桜」もあり。右近、左近ってのは、天皇から見て、右に見える、左に見えるってこと。

平安神宮桜お花見7

八重しだれ桜。いかにも京都らしい。と、言いたいところだが、

この桜、明治の時代に仙台市長から贈られたもの。谷崎潤一郎の「細雪」にも登場するそう。

まーでも京都は八重しだれサクラが多い。

平安神宮桜お花見9

こっちはサクラ?なのかな。

平安神宮桜お花見25

八重紅しだれ桜の回廊を歩いていく感じ。いろいろな木が植わっているので春以外もいい感じなのがわかる。

平安神宮桜お花見24

こちらも見事な枝ぶり。ピンクがあざやかー。

平安神宮桜お花見22

平安神宮桜お花見21

夜は夜でライトアップもあってそっちも良さそう。

平安神宮桜お花見6

お池のまわりも桜が見事。こっちは紅しだれ桜ではなくソメイヨシノかな。

平安神宮桜お花見10

サクラだけに気を取られていると、造園の素晴らしさを見逃してしまいそう。

平安神宮桜お花見11

池と林の間を通り抜ける回遊式庭園の上にも桜が。いい散歩。

平安神宮
住所: 〒606-8341 京都府京都市左京区岡崎西天王町
電話:075-761-0221

京都市左京区岡崎西天王町


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です