坂本龍馬ゆかりの京都祇園の親子丼「とり新」




京都は祇園、白川に面した超一等地にある「とり新」。

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」にも出てくる「とり新」はこちらの移転前のお店。

というわけで、坂本龍馬ファンとしては是非とも食べておきたい。

本店は「鳥新」で、そのすぐ横にある「とり新」は、お昼の親子丼のみという潔さ。

とり新

日曜日お昼、開店12時をちょっと過ぎたぐらいに来店。

うーん誰もいない。入りづらい。本当にやってるの?ってぐらいの静けさ。

景観の一部に徹していて、お店なのかわかりづらい。

でもまあ、暖簾がかかってるから間違いなくやってるんだろうけど。

意外に行列もないね。

とり新2

もちろん看板もあるからやっている。名代親子丼。数量限定売切御免、って書いてあるし。

やってるけど、ことさら客を呼び込もうとしない。うーん京都の老舗らしい営業スタイル。

とり新3

店内。狭っ! 細長い店内はカウンター5、6席、テーブルが2卓。

サイズ的には立ち食い蕎麦屋のような感じ。

お客さんは開店から10分ぐらいでほぼ満席。でも、行列作るほどの混雑でもなくちょうど良い。

店内はまーまー静か。店主の卵をかき混ぜるチャチャっとした音がよく聞こえる。

とはいえ、子供連れでも全然問題ない雰囲気。

とり新7

こちらは厨房。はい、狭いです。最初、主人一人で接客してましたが、途中で女将さん登場。

が、もともとそういう顔なのかなんか無愛想。ほとんどしゃべらずお茶がなくなると入れてくれる。

とり新5

ジャジャーン。親子丼登場! 黄身が黄色いというか、もはやオレンジ。橙身と呼びたくなる。

あ、それだと別の食べ物になっちゃうか。

とり新4

うん、味は申し分ない。とろっとろの玉子、九条ネギのシャキシャキ感、肉の旨味、いいね!

玉子のとろっとした感じと小粒で固めに炊かれたご飯が合う。

鶏肉もモモや胸肉などいろいろな部位を使っていて、味わいが異なるのが楽しい。

だがペロリだなー。昔の日本人って体が小さかったから、このぐらいの量で十分だったのだろうか。

付け合わせの漬物も上品かつさっぱり。汁物は濃厚でダシが効いてます。

子供連れで入りづらいかなーと思いきや、無愛想な女将さんも、こちらが何も言わずとも、

子供が熱そうにしてると、子供用に茶碗を出してきたり、意外に親切笑。

そんなに長居する感じでもないので、ササッと親子丼かっこんで祇園を界隈を散策するのにも便利。

それにしても本店の「鳥新」に行ってみたくなるなー。

 

とり新

〒605-0087 京都府京都市東山区祇園縄手四条上ル元吉町

 

京都府京都市東山区 祇園縄手四条上ル元吉町


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です