京都からタイへその4 プーケット・マリオット・リゾート&スパ・メルリン・ビーチ宿泊記 【施設紹介】





バンコクからプーケットへ移動。マリオットのホテルに泊まりました。

が! まずややこしいのが、「タイ」「プーケット」「マリオット」で、2つのホテルがあります!

「JWマリオット・プーケット・リゾート&スパ」と「プーケット・マリオット・リゾート&スパ・メルリン・ビーチ」です笑。

これはわからない! 予約した本人が最後までこの2つのホテルで混乱していたほど笑。

今回、宿泊記として紹介するのは「プーケット・マリオット・リゾート&スパ・メルリン・ビーチ」です。

やってきました「プーケット・マリオット・リゾート&スパ・メルリン・ビーチ」。

名前長い。めっちゃ南国ですが、めっちゃクリスマス感出してます。

行ったのは確かに年末ですからね。

ウェルカムドリンクもトロピカルでゴージャス。

うーん楽しい。予は満足じゃ。

客室の下は全てプール。楽しいッ!!

これぞリゾートホテル。

部屋から10秒でプール。最高です。

3つのプール、レストランはイタリアン、アメリカン、ビーチ、プールの中のバー、

プールサイドBBQレストラン、ビーチサイドバー、タイレストラン、など。

もっとあったかも。

プールはどれも広く開放的。

子供用プールもあり。

室内施設はジム、子供たちがボール遊びができる広場、ビリヤード、卓球、ダーツ、

果ては滑り台やキックボクシングのリングなど、なんでもござれ。

大人はゆっくりリゾートホテルを満喫できるけど、子供は楽しめるかなーと思ってましたが杞憂に終わりました。

むしろ、子供的にはタイ旅行全体の中で一番楽しかったのはこのホテルと豪語していたほど。

いやはや助かりました!

そりゃそうだよなー部屋から一歩出れば遊び場だらけですから。

プライベートビーチも穏やかでファミリーにはありがたい。

水中メガネで覗くと熱帯魚がうようよ。これは子供楽しい!

奥様はパラソルの下でゆったり本を読んだり、ビールを飲んだりとビーチ気分を楽しめます。

これはこの世の楽園!

マリオットはアメリカ資本なので建物の作りもちょっとアメリカン。

古き良き南部の雰囲気がちょっとディズニーランドっぽい。

開放的でいいですね。

向き的には完全に夕日が見られる西向きなので、カフェでゆっくりサンセットを堪能できます。

これまた至福。書いててまた行きたくなってきたー。

夜のビーチサイドバーも最高です。

ザザーーンという波の音、日本人はほとんどいないので、聞こえてくるのは英語の会話。

なんて言ってるのかわからんし、こっちが何しゃべってるのかわからんだろうから気兼ねなくしゃべれる。

ビーチサイドのバーで飲んで、ちょっと身体が火照ったところに、

夜の砂浜は冷たくて素足に気持ちいい。

あーバカンスしてるなー。

このあとはこのまますぐそこの部屋に戻って寝るだけ。

「プーケット・マリオット・リゾート&スパ・メルリン・ビーチ」、なんの不満もない、すばらしいホテルです。

 

プーケット・マリオット・リゾート&スパ・メルリン・ビーチ
231, Mai Khao, Thalang District, Phuket 83110 タイ
+66 76 338 000

 

京都府京都市西京区大原野小塩町481


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です