5月の京都観光に穴場的オススメ! 太田神社の杜若園。




京都は洛北、上賀茂神社にほど近いところにある太田神社。

地元の人の参拝はあとを絶たず、観光名所ではないけど、愛されてる感のある神社。

が、5月ともなるとにわかに活気づく。

というのも、ここの杜若がなかなか見ごたえある。

5月の京都はまず葵祭。が、有名ですが、意外とサラッと知らない間に終わってることが多い。

というわけで、京都の5月は「新緑」がイチオシでしょう。

楓の青葉からこぼれ落ちる木漏れ日は絶景です。

ですが、今回はあえて「京都の皐月の花」を鑑賞できるスポットをご紹介。

と、こんなふうに月ごとに行く場所があるのが京都は楽しい。

例えば6月。6月の京都といえば、ホタル観賞、紫陽花を見に行く、水無月を食べる、など、

やることがたくさんあって意外に忙しい笑。

東京だとどれもやらない。ただただ「早く梅雨終わんないかなー」と願ってるだけなので、

さすが京都と言わざるをえない。

太田神社1

と、話戻って杜若(カキツバタ)鑑賞。

太田神社は上賀茂のすぐ隣。烏丸線の北山駅からだと徒歩30分くらい。

市バス「上賀茂神社前下車」で徒歩10分。

そう、行きづらいんです笑。なので観光客がほとんどいません。

クルマがあると便利。駐車場が5、6台分あります。

太田神社

ちなみにすぐ目の前で食通の北大路魯山人が生まれたそうです。

そうか、近くにある北大路。それでその名前を使ってたのか!

太田神社10

奥に鎮座するのが本殿。カキツバタ目当てじゃなくてもいい空間だなー。

胸の中を涼風が吹いていくような気分。いいとこだ。

太田神社8

はい、こちらが杜若(カキツバタ)。緑と青のコントラストが強烈。

ぽたっとした花びらとシャープな切れ味の葉もいいコントラスト。

尾形光琳の「燕子花図」でも有名ですね。

カキツバタは「杜若」と「燕子花」、二つの漢字があるようです。

太田神社5

確かに「燕子花図」のように花と葉がパターン化されたデザインを思い出させる。

太田神社7

平安時代にはすでに太田神社の杜若は和歌に出てくるそうです。

1200も前から観光スポットってすごい。

太田神社2

いつもよくわからなくなる、花三種をもう一度復習。

杜若=湿地に咲く。だいたい70cmくらい。ちょっと小振り。

花菖蒲=より地上に近く、背丈も大きい。

あやめ=平地で生息できる。花菖蒲くらい。

というイメージ。だいたい合ってますか?

太田神社6

杜若園を出て、本殿もお参り。

なんか落ち着くいい神社。

上賀茂神社に行く際はぜひこちらも寄ってみてください。

 

太田神社

京都府京都市北区上賀茂本山340
075-781-0011

 

京都府京都市北区上賀茂本山340


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です