京都人が好きな紅葉スポット、「京都府立植物園」で秋は夕暮れを堪能する。





京都人は京都の紅葉の名所にはあんまり行かない。というのも観光客が多いーー。

紅葉の時期になると、うーんまた交通がマヒする季節がやってきたなーという感じ。

市民の足のはずであるバスは1時間遅れは当たり前、つまりアテにならなくなり、

道路は渋滞でクルマはしんどいなーとなる。

では、京都人は紅葉に行かないのか、というとそうでもない。

名所も平日のライトアップなど、比較的空いてる時間を狙ったりする。

紅葉の名所、南禅寺だって平日の夜なら、なんとか空いてる。めちゃ寒いけど。

では昼間はどうするか、っていうと、有名寺社仏閣を避けてなんとか紅葉楽しんでます。

京都府植物園紅葉15

例えば「京都府立植物園」。もうお寺の瓦屋根と紅葉、みたいないかにも京都らしい風情がない代わりに、空いてます。

昼間はここでピクニック感覚でランチ食べてー、広場で子供と遊んでーなんてしながら紅葉を見ることができます。

一挙三得くらいある、京都人憩いのスポットです。

京都府植物園紅葉14

お寺の瓦屋根や神社の鳥居がなくたって十分きれいなんです。

しかもこの光景が京都の街のど真ん中から電車でわずか10分も行けば着く手軽さ。

この自然との距離の近さこそ、京都らしい紅葉と言えるんじゃないでしょうか。

京都府植物園紅葉13

行ったのはとある年の11月28日。

落ち紅葉もきれい。

見頃を2、3日に過ぎたかもしれませんが十分堪能できます。

実はこの年は11月17日にも紅葉を見に来てます。

17日は早かったけど、それでも紅葉以外でも十分楽しめるのがいいところ。

京都府植物園紅葉12

どこまでも続く森。

植物園の鬱蒼としげる森、湖畔を歩くのは気分いい。

京都府植物園紅葉9

どこを見ても、紅葉、紅葉、紅葉。

赤い世界。

京都府植物園紅葉7

さて、この「京都府立植物園」で一番好きな紅葉は夕暮れ。

もうちょっとしたらいい感じになってきます。

京都府植物園紅葉8

それまでは子供と鬼ごっこしたり、隠れんぼしたり自由に楽しみます。

京都府植物園紅葉4

子供を探してるフリしてちょっと紅葉見たり。

京都府植物園紅葉3

深い森の方を探しに行ったり。

京都府植物園紅葉5

鳥居の方へ探しに行ったりして、

京都府植物園紅葉

16時30分過ぎ。

枕草子の「秋は夕暮れ」を体感することができます。

この辺りは隣は鴨川だし、高い建物がなく、夕日がバッチリ感じられます。

さらには、池に反射する夕日、その下からの光がより一層、紅葉を光らしめ、美しさ倍増です。

意外にも京都らしからぬ場所で、平安時代の京都人の気持ちに共感することができるのでした。

 

京都府立植物園
京都市左京区下鴨半木町
075-701-0141

 

 


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です