「Master Recipe 京都祇園」京都祇園で職人とコラボの生活雑貨の逸品がそろう!





京都祇園で、職人の技術が結集した歴史ある逸品に出会う。

インテリア雑貨の「フランフラン」がプロデュースするインテリアショップです。

京都の工芸品のみならず、世界中の工芸品、職人とのコラボ雑貨がそろいます。

mr12

「マスターレシピ」へのアクセスは祇園四条駅から徒歩7分ほど。

花見小路から一本路地を入ったところにあります。

mr1

のれんには「MR」、祇園の提灯のほうにはカタカナで「マスターレシピ」。

京都祇園のこういう店って、なんの店だろう?って感じでなかなか入りづらいですが、

もうこういうのは入ってみるしかないです笑。

mr11

一階は器が多いです。

陶器、漆、木の器と言った和の器が多いですが、西洋の器もけっこうあります。

mr0

盆栽と器のコラボも。

クラシックな盆栽もモダンな器に植えられておしゃれな逸品に。

おじいちゃんの趣味が急におしゃれインテリアに笑。

mr9

木の温もりが感じられる器たち。

あえての艶消しがおしゃれです。

mr7

ギャラリーのようにディスプレイされた店内を見て回るだけでも楽しい。

どの商品にも美術館のように解説が付いてるので、ある意味工芸美術館のよう。

mr6

値段はお手ごろ、と、お、ちょっと高い、どうしよっかなーが混在してます(完全に主観)。

まとめ買いする勇気はないです笑。

mr5

質感のよさがダイレクトに伝わってきます。

シンプルなのもいい。

こういうの普段使いしてたらセンスいい人でしょうね。

mr4

モコモコブラシ。どう使うんだろう?

いずれにせよ気持ちよさそうです。

mr

内装はインテリアデザイナーの森田恭通氏。

派手な装飾で「ヤンキー建築」と呼ばれてますが、年齢と共にちょっと落ち着いてきた?笑

mr3

二階はちょっとお高め。

というのも逸品中の逸品が並ぶ。

こちらは国宝でもある銀閣寺の古材を使った小箱。

これは確かに貴重です。

あーこういうのを金に糸目をつけず、買えるようになりたいものです!

 

Master Recipe 京都祇園
京都府京都市東区祇園町南側 570-125
075-551-7100
11:00~19:00

 

京都府京都市西京区大原野小塩町481


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA