知らなきゃ絶対に辿り着かない京都一おしゃれラーメン「看板、名前のないラーメン屋」





木屋町通から高瀬川を渡って、姉小路通りに入ってすぐのところに

看板、名前のないラーメン屋があります。京都市役所前駅から徒歩3分ぐらい。

まあ、知らなきゃ絶対辿り着かないです。

人気ラーメン屋「高倉二条」プロデュースらしいっす。

看板、名前のないラーメン屋高瀬川

京都らしさ満点の木屋町通、高瀬川沿いにあります。

看板、名前のないラーメン屋入り口

こちらが入り口。これは入りづらい! この先はラーメン屋、という確信がなければ、

まずこの階段を下りていく勇気は起きないでしょう。

看板、名前のないラーメン屋内観

で、入るとこんな感じ。これは全然ラーメン屋じゃない。打ちっ放しのコンクリートと樹木。

なかなかアヴァンギャルドです。

しかし、ストーリー作りがうまい。京都らしさの象徴、高瀬川沿いに、看板も名前もラーメン屋。

中に入ると、カフェか?ってぐらいオシャレ。京都はほんとに演出にこだわるよなあ。

このぐらい、演出、ストーリー性がないとやってけないのか、京都?

看板、名前のないラーメン屋グリル

店内、地下ながらうまく明かりが取れていて、閉塞感なし。窓の外は高瀬川。

手前にはグリルがあり、チャーシュー、トマト、ネギが焼かれてる。これは食欲をソソル!

てか、まーオシャレだねー。

看板、名前のないラーメン屋厨房

店内、ジャズが流れております。もはやカフェ。寸胴鍋が見えてかろうじてラーメン屋の面影を残す。

メニューはラーメンとつけ麺があり、スープの種類は「濃厚」「淡麗」、その2つをミックスした「重層」がある。

ほかにカレーやら、けっこういろいろあったような気がスル。

券売機で後ろに並ばれると、焦っていろいろ見られません笑。

ほか、トッピングもいろいろ。今回は重層つけ麺に炭火鶏もも肉をトッピング。

つけ麺が850円で炭火鶏もも肉が150円でジャスト1000円のランチ。

看板、名前のないラーメン屋重層ラーメン

で、ラーメン到着。つゆの入った器はフランスの「ストウブ(staub)」。ってオシャレっすね。

こりゃレンゲとかも名のあるところのヤツかな。知らんけど。

で、箸ないよ? 店員に聞くと、カウンターの下の引き出しにあるとのこと。

看板、名前のないラーメン屋調味料

なんじゃこりゃ! オシャレ過ぎる。てか、箸の場所、先に言おうよ。絶対わかんないよ。

胡椒、一味、山椒、ガラムマサラの入ってる器?がまたオシャレ過ぎる。

シャーペンみたいにノックするとサラサラと出てきます。こりゃビックリだ。

看板、名前のないラーメン屋重層つけ麺

で、ラーメン、もとい、つけ麺です。

焼きトマト、焼きネギ、もはやラーメン屋のレベルを超えた本格派。

特にチャーシューはかなりウマイ。脂の部分が炭火焼きでやや焦げ付いたとこがいい。

炭火鶏もも肉もぶりんぶりんとしつつも引き締まった肉感が美味。

麺はラーメンと蕎麦の間ぐらいの食感、味わい。形状も蕎麦に近く、断面は長方形。

麺はまあ、さっぱりです。

スープは案外、普通。よくあるタイプだなー。

魚介、鶏、豚の混合スープって感じ。魚介が一番強い。

味もまあまあ、お店の雰囲気よし、サプライズ感あり、で誰かを連れて来たくなるラーメン屋です。

 

看板、名前のないラーメン屋
京都府
京都市中京区恵比須町534-31 CEO木屋町ビル B1F
営業時間 11:30~15:00 18:00~22:00(土日は21:00まで)

京都府京都市中京区恵比須町534-31


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です