原宿の伝説のカレーを京都で食すおしゃれカレー屋「カマル」




烏丸御池から徒歩2、3分とアクセス申し分ないカレー屋「カマル」。

三条通りに面したおしゃれなエリアにあって、さすがにおしゃれなカレー屋さん。

それもそのはず、プロデュースしているのがアパレルの会社。

京都の錦市場近くにある「FACTORY」と言う、ちょっと原宿系のテイストのショップをプロデュースしてる。

「ネイバーフッド」系のTシャツが充実してていいショップです。

カマル1

で、カレー屋に話を戻すと、そこの代表が原宿で界隈にいたころ、GHEE(ギー)という

伝説のカレー屋があり、その味を再現したとのこと。

しかし伝説って便利な言葉だ。簡単に言えちゃうわりにインパクトがある単語。

「京都一うまい!」とか「元祖!」とかは、言いたいけど言い切れない。

でも、「伝説」は、言ったもん勝ち。

前に東京で「京都の伝説のカレー」とうたっている店があった。全然知らないけど、

「京都に住んでるけど、自分が知らないだけで、今はないけど昔は有名なカレーがあったのかな?」

となって否定しきれない。限りなくうさんくさいけど笑。

しかもこの店のように、東京で「京都の伝説〜」とか言われると、

「へー京都では有名なカレーなんだー」とかなり疑われない。

やっぱずるい言葉だ笑。

一部の人だけで「あそこのカレーけっこう美味いよね」って言われてたのを「伝説」って言い切っちゃうこともできちゃう。

いや、本当に伝説GHEEってお店本当に伝説だったのかもしれないけど。

カマル

話が逸れた。で、気を取り直してカレーです!

ライスを中央に、その両サイドに種類違うカレーを配したタイプ。

もちろん、組み合わせは選べます。

タイプはキーマカレー系。シャバシャバせず、日本のカレーみたいにドロッとしすぎず。

具だくさんで汁少なめのタイプ。

味も美味しい。が、けっこう辛く、日本のカレーに慣れてる人は汗ダラダラ。

かなり発汗作用のあるスパイスを使ってる感じです。

カレー好きの友人は汗ひとつかかず食べてましたが笑。

カレーは無添加、サラダや野菜ジュースにもこだわりがあり、なかなかヘルシー志向。

「Redジュース」はパプリカ、人参、りんご、ベリーなど野菜と果物がミックス。

飲みやすい果物だけじゃなく、野菜もしっかり入ってるのは嬉しい。

おしゃれだけじゃないのがいいね。

カマル3

と言いつつ、結果「ラッシー」なんだけども笑。

 

カマル

075-211-3949
京都府
京都市中京区三条通東洞院東入ル菱屋町32-1

京都市中京区三条通東洞院東入ル菱屋町32-1


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です