京都の神社と言ったらここでしょう「下鴨神社」と「糺ノ森(ただすのもり)」




京都で神社と言ったら、まず筆頭に来るのが「下鴨神社」。

本殿は国宝、神社は世界遺産。

紀元前90年に修造が行われた記述があるというとんでもない歴史。

つまり、2100年以上前からあった。ほんとかな。。

下鴨神社のお祭り、「葵祭」は紀元後544年から始まったとされてるから、こちらも途方もない話。

下鴨神社

祭神は、

賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと) 西殿
玉依媛命   (たまよりひめのみこと) 東殿

賀茂健角身命は、古代の京都をひらかれた神。

でその娘、玉依媛命は鴨川で禊をしていたところ、一本の矢が流れてきて、それを持ち帰ったら男神になった。

その人と結婚して生まれた子供が「賀茂別雷大神」。「上賀茂神社」のご祭神。

糺ノ森555

つまり、「下鴨神社」はおじいさんとお母さん、「上賀茂神社」は子供という関係。

なんとなく名前が似ているのがわかりましたね。

要は超セレブ一家のお墓って感じなのかも。

糺ノ森7

そんなわけで、「下鴨神社」は縁結び、子育てのご利益があるとのこと。

当然、結婚式、ウエディングも多い。

で、下鴨神社の観光案内。

場所は「出町柳駅」下車徒歩3分。アクセスいいっす。

車で来ても駐車場完備。こちらも広くて入れやすい。初詣の時はすぐ満車になっちゃうけど。

賀茂川と高野川が合流する三角州の先端のほうにあります(さらに先端はいわゆる「鴨川デルタ」)。

なので、川に挟まれた神聖な空間って感じがしていい。

さらに、その間にある「糺ノ森」がまたいい。

ここを歩いていると、体が清められていくような気分に。

京都人はよく、「あそこは空気が違う」なんて言ったりして、京都人からのリスペクトもハンパないです。

糺ノ森6

かく言う自分も「下鴨神社」が好きなのは「糺ノ森」があるから。

街中からちょっと離れただけでこの森。しかも原生林。

やっぱり木々がやわらかいというか、造園とは違う大自然、神秘的な雰囲気があります。

パワースポットと言われるのも納得。だって気持ちいいもん。

糺ノ森5

和歌にもおおく読まれた「潮見の小川」が流れている。

この小川、特に隔てる柵もなく、人間が歩く高さとほとんど変わらないのがいい。

糺ノ森2

なんでまた、こんないい感じに小川が流れちゃってるんだろう。川の流れの速さやサイズ感が絶妙すぎる。

糺ノ森1

葵祭では馬がパカラパカラと疾走するし、夏の古本市では古本屋が並ぶしで、結構イベントスペースになる森でもある。

世界遺産で、神聖な神社の参道で原生林なのに、イベント会場になる森、ここだけなんじゃないか。

で、やっと見えてきました。鳥居。森の中の神社ってのもいいよね。

糺ノ森12

途中、国家に歌われる「さざれ石」なんてのも。

下鴨神社11

で、どーーん!

自分がガイドだったら「写真、撮らなくて大丈夫ですか?」と言いたくなるほどのインスタ映え。

下鴨神社12

朱色と萌黄色って本当にいいバランス。イチゴやトマトを思い出してしまう。つまりきれいってこと。

下鴨神社9

中に入ると一気にシブい色味に。

下鴨神社8

舞殿、拝殿などたくさんの社があります。神社の社って意味合いがよくわからん。

もうちょっと説明してくれてもいいもんなんだが。

下鴨神社3

白砂がかっこいいっす。

下鴨神社2

こっちは禊ぎ系の行事に使われる小川。

下鴨神社5

こちらは本殿。国宝です。

下鴨神社4

というか、その奥が本殿かな。普通の参拝ではここまでが限度。

下鴨神社6

もう一つ、お参りしておきたいのが十二支の社。

これは絶対自分の干支の神社をお参りするでしょう。

下鴨神社1

夕暮れ時もかっこいい。また来ます!

 

下鴨神社

京都市左京区下鴨泉川町59
TEL:075-781-0010
定  休  日:なし
開閉門 時間:6:30~17:00

京都市左京区下鴨泉川町59


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です