京都で幻のカニ、「間人ガニ」を食べに行こう。その3 お土産編





京都は丹後半島、幻のカニ、間人ガニを食べに行こう、その3です。

夕食に間人ガニを堪能し、食後にお風呂に入るともう館内は消灯時間。

外はビュービューの風でしたが、あっという間に朝に。

間人カニ7

さわやかな朝のごはん。

昨晩あれだけカニを食べたのに、もうお腹は臨戦態勢です。

湯豆腐や小鉢など、どれもさっぱりと胃にやさしい。

間人カニ8

京都の日本海側、丹後半島の宿の定番の朝ごはんは名物のへしこ。

これ好きです。

青魚を保存のため、糠漬けにしたもの。

そんなの美味いに決まってるじゃないですか!

白米にめちゃくちゃ合います。

間人カニ

宿の外へ出ると、日本海の荒波がすごい。

地形がワイルドです。

ひんやりとした風が気持ちいいー。

間人カニ1

はしうど荘の目の前にあるのがお土産屋さん。

正直、近辺で見るべきところはここしかないくらいの僻地です。

間人カニ4

おおーいるいる、間人ガニ。

これが幻のカニのお姿。

けっこう大きくてびっくり。

間人カニ3

さらにびっくりなのがそのお値段!

一杯3万5000円!

食材だけでその値段、さらに調理代など考えると一人夕食5万くらい取ってくるのも納得です。

日本人のカニ好き、ブランド好きはすごいよなー。

足が欠けると7000円も下がるのもすごい。

間人ガニのことを知らない人に贈答したら、普通のカニだと思われちゃうんでしょうね。

間人カニ5

ひえー「間人がに 20,000円」という名札が並ぶ。

この人気のないお土産屋に強盗が入らないことを祈ります。

といっても、個人がカニを売り捌くのは難しそうだかから大丈夫か。

実家のお父さん、お母さんに送りたいところですが、ごめん、ムリでした!

ちなみに間人ガニ以外にも、比較的安価なへしこやカニ味噌などもあるので、

こっちのほうが現実的ですね。

 

平七水産(株) 間人本店
京都府京丹後市丹後町間人1789−1
0772-75-0025

 

 

京都府京丹後市丹後町間人1789−1


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です