京都のおしゃれイタリアンの急先鋒!満足度高し!「centi_チェンチ」その2

「centi_チェンチ」レポートその2です。 ちなみに今回の料理はランチの6000円のコースです。 アンティパストの3品め。 続きまして冬野菜、甘鯛。 甘鯛の鱗をパリパリに揚げ、まだレアの甘鯛の身をオーブンでじっくり焼く

続きを読む

奇跡の穴場! 京都で一番オススメの桜、お花見スポット【賀茂川の桜】

個人的に京都でいちばん好きなエリアが鴨川上流の「賀茂川」エリア。 京都人が誇る、自然を整備する能力がいかんなく発揮されたエリア。 ガッチガチに人工的にするわけじゃない。 とは言え、川の流れが美しく見える水量を計算し切った

続きを読む

【平八茶屋】京都で400年以上続く岩盤浴”かま風呂”を体験してみた! 

創業400年以上の老舗料亭旅館「山端 平八茶屋」。 岩倉具視、夏目漱石、北大路魯山人ら食通や文化人、政治家までを魅了してきた名料亭です。 と、前回、名物麦飯とろろをご紹介したものの、実はもう一つ、お目当てがありました。

続きを読む

【平八茶屋】京都で400年以上続く老舗料亭でリーズナブルにランチ!

京都でも有数の歴史を誇る料亭旅館「山端 平八茶屋」。 安土桃山時代の天正年間創業とのことで、400年以上の歴史を誇ります。 名物は「麦飯とろろ」。 洛北の鯖街道の出発地点にあるため、旅人はここで麦飯とろろをかっこんで、旅

続きを読む

【おおきに屋】松本人志も通う京都洛北の創作居酒屋の生涯でもう一回食べたい逸品!

京都は洛北、叡山電鉄の茶山駅から徒歩15分という、ちょっと中心から外れたところに、 創作居酒屋の名店「おおきに屋」があります。 最初に知ったのは「人志松本のすべらない話」で、松本人志かキム兄が話していたお店だったから笑。

続きを読む

【銀閣寺】引きこもり将軍の別荘は京都アートの聖地でした。

会社に居場所がなく、家に帰っても奥さんが怖い、そんな人にとって憩いの場とされるのがサードプレイス。 仕事場でも家庭でもない本来の自分に帰れる場所、と言う意味で現代日本で使われる言葉です。 もう、その考えの大先輩が室町時代

続きを読む

絶品!京都の冬の醍醐味、白みそお雑煮は「銀閣寺喜み家」がいい。

京都の冬を代表する食べ物と言えば「白みそのお雑煮」。 お雑煮は地方ごとに本当に特色がある食べ物ですが、白みそのお雑煮と言えば京都でしょう。 お正月の食べ物、というイメージが強いですが、「銀閣寺喜み家」では11月から4月上

続きを読む

京都人が好きな紅葉スポット、「京都府立植物園」で秋は夕暮れを堪能する。

京都人は京都の紅葉の名所にはあんまり行かない。というのも観光客が多いーー。 紅葉の時期になると、うーんまた交通がマヒする季節がやってきたなーという感じ。 市民の足のはずであるバスは1時間遅れは当たり前、つまりアテにならな

続きを読む

京都の紅葉の穴場、「曼殊院門跡」は優雅にシトシト降る雨の日に行きたい。

京都は洛北、皇室とゆかりの深い「曼殊院門跡」。「門跡」の意味は皇室の人が住職をしているお寺のこと。 なので「門跡」と付くところはどこも豪華で敷地が広く、お線香臭さがなく、むしろ邸宅のようです。 京都市街から離れ、人家もな

続きを読む

「真如堂」の紅葉、「そうだ 京都、行こう」ポスターに2度選出された実力派。

京都の洛東、ちょっと小高い山?の上に鎮座する「真正極楽寺」。 「極楽寺」という名前のお寺はたくさんあるので、「真正」と付けたそうです。 ものすごいプライド! どの寺が真正かって誰が決めるんだろう、と思ってしまいますが笑。

続きを読む