【大原ふれあい朝市】京都大原、日曜限定の採れたて野菜を手に入れる。





京都、大原の日曜の朝だけ開催される「大原ふれあい朝市」。

京都の食べログ1位の料理屋「草食なかひがし」の店主、中東さんもここに買いに来る。

つまり、その鮮度、品質のよさは折り紙付きの朝市なのです。

時間は朝6:00〜9:00。とても早いです。

それだけに早起きは三文の得とばかりに、良い買い物ができます。

大原朝市

行き方は京都から八瀬を経由する一本道国道367号線。いわゆるサバ街道ってやつですね。

開催場所は「里の駅大原」。ナビに入れる時はこれでいいでしょう。

ま、大原のど真ん中でやってるので、すぐわかります。

駐車場ももちろんあるので、助かります。

公共機関なら「国際会館」駅より京都バス大原行きで20分、「野村別れ」で下車徒歩5分です。

自分はクルマで、がんばって朝8時に到着。

すでに活気のある感じですが、そんなに遅すぎたってこともなく。

さて早速、どんなものが売っているのか見ていきましょう。

大原朝市1

まずは何と言っても、大原と言えば紫蘇ですね。

柴漬け発祥の地ですから。紫蘇ジュースなんてのも売ってます。

大原朝市4

野性味あふれる鹿肉なんてのも売ってます。300円。

串に刺さってカジュアルな感じ。

んーでもなんか固そうだな。。

大原朝市5

鮎も串焼きで。この辺で取れちゃうのかな。

意外と高級食材がわんさか売られてますね。

ただ、朝からそんなに食べる気しないんだよなー。

大原朝市7

もちろんメインは採れたて野菜。

こちらは、おしゃれな洋風の野菜。タイムなど香草系に特化した出店でした。

大原朝市2

大根一本50円、黒にんにく350円、薬草とハーブをミックスしたお茶が200円など、

色々なものが売られています。

大原朝市3

よもぎ餅も。美味そうだなー。

大原朝市6

朝取れ卵も。卵かけ屋の卵、と言われるとめちゃくちゃ美味そうです。

うーん、本当は朝ごはん前にここにきて、家に帰って朝ごはんにかけて食べるが正解なんだろうな。

とても家まで待てないので、今回はスルー。

大原朝市8

というわけで、お腹が空いてきました。。

ふと見ると、作務衣を来たいかにもそば職人風の人がそばを作っている。

うーん辺りに漂う香りといい、これはもうここに決めた!

大原朝市12

大原朝市そば。かき揚げの野菜は大原産でしょう。

朝ごはんにそばっていいね。

ズズッとあっさり完食。

大原朝市9

山椒味噌や大根キムチなど加工食品の出店も。

元となる野菜が大原産の超新鮮野菜なので、どれも欲しくなる。

大原朝市10

こちらは大原ではなく、美山から出店。美山もいいですねー。

山椒しぐれ煮やカボチャクッキーなど、美山産の食材で作った加工食品。

大原朝市11

ポン酢寒天なるものも。確かにポン酢ってとろみがないから、

食べ物にかけてもスーッとお皿の下にいっちゃって、ドボドボかけちゃうんだよね。

寒天状になってたら、留まってくれるからいいかもですね。

大原朝市15

と、そうこうしてるうちに、倉庫っぽいところがガラガラーーっと開いて、

みなさん駆け込み出した!!

中に入ると、採れたて野菜が箱売り状態。

大原朝市16

野菜以外にもたくさん売ってます。

こちらは大原の地飼鷄。

ブロイラーじゃない健康な鶏、これは絶対美味いでしょ。

大原朝市19

ジャンボにんにく。これもありだなー。

採れたて野菜や新鮮お肉、さらには加工品もあったり、

買い食いもできる。

これは確かに早起きは三文の得を実感できる朝市ですね。

 

大原ふれあい朝市(里の駅大原)
京都府京都市左京区大原野村町1012番地
075-744-4321

京都府京都市左京区大原野村町1012


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です