【京都からディズニーワールドへ! その7】「タイフーン・ラグーン」は絶対行くべき!





アメリカ、フロリダの「ディズニーワールド」には4つのテーマパークがありますが、

実は外せないのがその4つに入っていないプール「ディズニー・タイフーン・ラグーン」!

京都にはデカいプールがないので、テンション上がってしまう笑。

ウォーターパークにはほかに「ディズニー・ブリザード・ビーチ」がありますが、

個人的には断然「ディズニー・タイフーン・ラグーン」です。

typhoonlagoon

4日間の滞在中、選んだのは「マジカル・キングダム」「ディズニー・アニマル・キングダム」

「ディズニー・ハリウッド・スタジオ」、そしてこの「ディズニー・タイフーン・ラグーン」。

そう、「エプコット」を外してもこっちです。

「エプコット」は世界中の建築物が見られますが(「東武ワールドスクエア」ですね)、

それだったら、「ディズニー・タイフーン・ラグーン」のほうが楽しいですよ。

(ちなみに海外ドラマの「This is US」にもつまらない場所、の代名詞として「エプコット」が出てきます)。

typhoonlagoon1

と言うことで「ディズニー・タイフーン・ラグーン」です。

ディズニーらしくちゃんとプールでもテーマがあります。

テーマは「台風が直撃した後の南の島」。

なので、山の上に船が突き刺さっていたり、看板が傾いていたり、なんだか不安定な雰囲気。

これがまた、非日常感を盛り上げる!

typhoonlagoon3

とにかくウォータースライダーが多く、その数10個以上!!

そのまま滑るものもあれば、浮き輪に乗って滑るもの、浮き輪に4人くらい乗って滑るものなど様々。

丸一日楽しめます。

typhoonlagoon3

パーク内はもはや南の島。すばらしい作り込み!!

さて、海外のプールで気になること、「夏じゃなくても入れるのか?」ですが、

ここ「ディズニー・タイフーン・ラグーン」はゴールデンウィークなら十分泳げます!

プールの水は暖かくて気持ちいいです。

typhoonlagoon7

さあ、見えてきました、メインプールの「タイフーン・ラグーン・サーフ・プール」。

2mは超える巨大な波が向かってきます。

実際、地元の人たちがサーフィンの練習をしているそうです。

typhoonlagoon5

そして、私、一番好きだったのが流れるプール。

パークの外周をぐるっと回るロングバージョン。

途中、滝があったり、台風で打ち上げられた船、熱帯雨林の森ではミストが出てたりと、

まるでアトラクションのような演出が楽しい。

typhoonlagoon6

ぷかぷか。最高にリラックスできます。

もう都会に戻るのやだなー。別天地。

typhoonlagoon8

プールのまわりは砂浜。

ここまで徹底してビーチを再現するプール、日本にはなかなかない。

さすがディズニープロデュースのプールパークです。

 

「ディズニー・タイフーン・ラグーン」

 


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です