京都〜奈良の旅その3、国宝だらけの【室生寺】がすごい!





京都から奈良の旅、長谷寺を見てそのまま室生寺へ。

長谷寺から室生寺まではクルマで30分。全然行ける距離です。

長谷寺のあった桜井市から宇陀市になってます。この辺りはもうだいぶ山です。

室生寺も当然、山の中腹にあります。

室生寺222

山間の集落といった感じの室生寺周辺。

旅館や食事処などが並ぶ。といってもほとんど人がいません。

観光地なんだけど。。でもそれが逆に神秘的。

そう言えば、京都は外国人観光客だらけだけど、奈良は日本人観光客しかいないなー。

室生寺22

この太鼓橋の向こうが室生寺。

明らかに俗世と隔離してる感ありますね。

室生寺は高野山が女人禁制だったのに対し、女性が入ってもOKなお寺。

なので「女人高野」と呼ばれる由緒正しいお寺です。

室生寺

仁王門。この辺りは4月には石楠花(シャクナゲ)が見事だそう。

その時期にも来てみたかったなー。

室生寺1

仁王門というだけあって、仁王がいらっしゃいます。

全体的に女性的な雰囲気が漂う室生寺にあって、ここだけちょっと男っぽい。

それでもきれいに色が塗られてるあたり、優雅です。

室生寺2

仁王門から先、ここでまた一つ、空気が変わっていきます。

橋や門、チェックポイントを過ぎると明らかに、少しずつ世界観が変わってくる。

室生寺34

室生寺ができる前から、なんかこの辺りは神聖な感じがしてたんでしょうね。

静かだー。パワースポットと言われても納得。

室生寺11

鎧坂。装飾がないのになんか美しい。

室生寺は奈良時代末期の創建。

どのお寺も京都より当然、年代が一個前。

庭師とかがまだあんまりいなかったのか、自然の雰囲気の中にお寺が溶け込んでる感じがすばらしい。

室生寺4

国宝の金堂。平安時代前期。

この大自然の中、とんでもないお宝がこの中に。

仏像群が圧巻です。その中の3体の仏像がこれまた国宝。すごいなー。

国宝なのに、こんな風に外気に晒されてていいの、ってぐらい普通に見ることができます。

なんか美術館のガラスの向こうに安置されて当然!って感じの仏像群がなんの遮蔽物もなく見られるなんて!

けっこう感動します。

そして、十二神像の丑と未のポーズの愛らしさがハンパないです!

もちろん撮影NGなので悪しからず。ぜひ、実際に見てください。

室生寺5

こちらも国宝、本堂。鎌倉時代の建立。

質素な雰囲気が日本のスピリチュアルな雰囲気ぷんぷんです。

室生寺12

はい、こちらも国宝、五重の塔。

法隆寺に次ぐ古さにして、国宝、重文指定の屋外の五重の塔としては日本で一番小さい五重の塔。

なぜだか、麗しさを漂わせる五重の塔です。

いかにも女人が参詣していい高野山だけあって、どこかたおやかな雰囲気ありますね。

室生寺232

北畠親房の墓! マジすか。

北畠親房は南北朝時代、南朝の中心人物。

室生寺8

とまあ、ぐるっと回って最後は太鼓橋のすぐ脇の茶屋でかき氷。

夏は室生寺、蒸しますねー。

 

女人高野 室生寺
宇陀市室生78
0745-93-2003

 

宇陀市室生78


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です