【妙顕寺】京都の紅葉スポットとしていつ有名になってもおかしくない、今のうちの駆け込み寺! 〜前編〜





京都の紅葉スポット、とにかく聞かれるのが「混んでなくていい紅葉が見られる穴場はどこ?」と言う質問。

この質問に真っ向から答えてしまうのが今回の紅葉スポットです。

その名は「妙顕寺」。どうですか、ピンと来ないですよね? はい、だからこそなのです。

京都の街中から遠い、見事な紅葉があるがちょっとしかない、などの「京都の紅葉穴場あるある」も関係なし。

ちゃんと街中(ど真ん中じゃないけど)、ちゃんと広々たっぷり堪能できます。

それなのに観光客ほとんどいない! これぞ穴場中の穴場。

本当は教えたくないけど、これだけ見事な条件が揃った紅葉の穴場、遅かれ早かれバレると思うので、もう紹介します。

「妙顕寺」への行き方は鞍馬口駅から徒歩9分。

京都駅から鞍馬口までは電車で15分ほど。

京都駅からわずか30分弱で到着です。どうです? 全然近いですよね。

そして人いません! 広々とした境内を自由奔放に歩き回れます。

「あーもう、紅葉の写真撮りたいのに人が邪魔で撮れないよ!」なんてこと全くありません。

京都の紅葉、撮り放題です。

なので紅葉なめの瓦門、なんて写真もお茶の子さいさいで撮れます。

うまい人ならそりゃーもういい写真が撮れることでしょう。

豊臣秀吉の京都の定宿だったこともあり、なかなか立派なお寺です。

それがこんなに人がいないなんて。

やっぱり知名度ってすごい。実力があっても知名度がなければ人は評価しないんですね。

妙顕寺は日蓮宗の京都の最初のお寺。

後醍醐天皇より布教の勅旨を賜ったとのこと。

歴史上の人物がザクザク出てきます。

境内は広く、本堂も立派。宿坊もあり、かなり本格的なお寺です。

建物の中も広い。

この渡り橋から見る紅葉、勅使門も絵になるー。

このあたりも撮り放題。

真如堂あたりだともう観光客だらけですけどね。

本堂と方丈をつなぐ渡橋の上から。

妙顕寺の紅葉はオレンジが強くて明るい。

まだ緑も残ってる紅葉も好き。

ちなみに行ったのはとある年の11月28日。

ほぼ見頃と言ってよいですが、もう2、3日後が超ベスト。

ただまあこればっかりは、その年によるしね。

まー11月26〜12月3日くらいはだいたい毎年見頃でしょう。

 

妙顕寺
京都府京都市上京区寺之内通新町西入妙顯寺前町514
075-414-0808

 

 


京都食べ歩き ブログランキングへ

京都府京都市 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。